2013年06月19日

プロバイダへの発信者情報開示請求ができるか(名誉棄損等)

質問
 プロバイダーで開示請求をすればネット上の書き込みをした人についての情報を開示請求できると聞きましたが、どんな内容の書き込みでも、その請求はできるのでしょうか。
 ネットに中傷文らしきものが書かれておりましたが、実名記載はなく、文面のニュアンスから『もしかして自分の事?』と感じる様なものでした。
 個人の実名や個人を特定できる内容、住所などが記載されていなければ、書き込みをした人についいての情報を開示請求することはできないでしょうか。

答え
 プロバイダ責任制限法4条による発信者情報開示請求は、「侵害情報の流通によって当該開示の請求をする者の権利が侵害されたことが明らかであるとき」(同法4条1項1号)を要件としています。
 「明らか」とは、権利の侵害がなされたことが明白であるという趣旨であり、不法行為等の成立を阻却する事由の存在をうかがわせるような事情が存在しないことまでを意味すると解されています。
 「もしかして自分のこと」という程度では、権利が侵害されたことが明らかとはいえない可能性があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒165-0027 中野区野方5-30-13 ヴィラアテネ2階F号
しいの木法律事務所 弁護士 八坂玄功
電話 03-5373-1808  FAX 03-5373-1809
Eメール info@siinoki-law.jp  http://www.siinoki-law.jp/
posted by siinoki at 06:03| 法律相談・労働相談