2013年07月03日

悪質な家賃滞納者に困っています(借地借家)

賃貸アパートの所有者です。
賃借人の一人が、2、3か月に一回しか家賃を払わないということを繰り返しています。
賃借人と保証人に内容証明郵便で督促状を送っても受け取りをしません。

答え
確かに、家賃の滞納金額が3か月分以内であれば契約解除が認められない場合があります。
しかし、滞納金額が3か月になることを何度も繰り返しているのであれば、十分に契約解除の理由になります。
自宅で内容証明郵便を受け取らないのであれば、勤務先に送ることもやむを得ないので認められます。
契約解除・明け渡しの訴訟を提起することをおすすめします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒165-0027 中野区野方5-30-13
ヴィラアテネ2階F号 しいの木法律事務所
弁護士  八 坂  玄 功
メール info@siinoki-law.jp
HP  http://www.siinoki-law.jp/
posted by siinoki at 08:12| 法律相談・労働相談