2014年04月30日

離婚にともなう財産分与の割合は常に2分の1か

 離婚にともなう財産分与の割合は原則として2分の1と考えられていますが、例外がないわけではありません。

 次のような事例があります。

 ■奈良家裁平成13年7月24日家裁月報54巻3号56頁
  唯一の夫婦財産であるマンションが夫の小遣いを資金として競馬をして儲けた金で購入したものであったという事案で、夫の寄与率が高いと認めて、マンション売却代金の3分の1の分与が相当であるとした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒165-0027 中野区野方5-30-20 野方三宅ビル2階
しいの木法律事務所 弁護士 八坂玄功
電話 03-5373-1808  FAX 03-5373-1809
Eメール info@siinoki-law.jp  http://www.siinoki-law.jp/
posted by siinoki at 19:24| 法律相談・労働相談