2006年11月17日

中野区住民訴訟判決に対して、田中区長が控訴を決める

 中野オンブズパーソンの住民訴訟の一審判決に対して、田中区長は控訴の方針を決めました。11月15日、区議会の各会派に、「控訴することを決めました」との報告があったそうです。
 住民側は、田中区長が判決に従い損害賠償させることを期待しましたが裏切られました。大変残念です。
 区民参加が看板だったはずの田中区長なのに、区役所職員の内部告発を無視、住民の訴えを無視、住民の訴えを認めた監査委員会の意見を無視、さらには東京地方裁判所の3人の裁判官の合議体の判断も無視ということになりました。
 田中区長は控訴を取り下げ、無駄な税金の支出を一刻も早く止めるべきです。

 11月2日の本業務日誌の記事

 9月7日の本業務日誌の記事
 
 判決全文 
posted by siinoki at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1740221
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック