2012年07月05日

借地を解約する場合に、借地上の建物は解体して更地にして返さなければいけないのでしょうか(借地借家)

質問
 私は妻の両親と同居していますが、その建物は借地上に妻の父親が建てたものです。
 借地契約を解約して転居しようと考えているのですが、その際に、住居は解体して、更地にして地主に返却しないといけないのでしょうか。

答え
 通常、借地契約書に「契約終了の際は原状に復する」などの文言が含まれていますから、契約上、原状回復義務があるのが普通です。
 借地借家法13条に建物買取請求権という規定がありますが、「借地権の存続期間が満了した場合において、契約の更新がないとき」に行使できる権利ですから、契約期間途中で借地人の都合で解約する場合には適用されないと考えられます。
 したがって、契約上、法律上は、住居を解体して更地にして返す義務があると思います。
 原状回復義務を免除してもらえるよう、地主と交渉してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒165-0027 中野区野方5-30-13 ヴィラアテネ2階F号
しいの木法律事務所 弁護士 八坂玄功
電話 03-5373-1808  FAX 03-5373-1809
Eメール info@siinoki-law.jp  http://www.siinoki-law.jp/
posted by siinoki at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律相談・労働相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56889387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック