2012年11月26日

労働事件の和解金には課税されるのですか(労働事件)

質問
 賃金未払いで、労働審判を起こしました。
 審判は1回で決まり、75万円の支払いで和解金という名目で受け取ることになりました。
 今は、別の職場で働いているのですが、労働審判で受け取った和解金は課税対象になるのでしょうか。

答え
 75万円程度の和解金であれば、損害賠償金の性質を有する金員と考えられますから、課税対象ではなく申告の必要もありません。
 支払った会社側がどのような経理処理をするのかは会社側が決めることなのでわかりませんが、会社がどのような処理をするかにかかわらず、労働者側としては、損害賠償金として受領したものと考えて差し支えありません。
 ただし、和解金の金額が大きく、未払賃金部分と損害賠償金部分とが区別できるような場合は、全部を損害賠償金と考えることができない場合があります。金額が大きい場合は税理士に相談してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒165-0027 中野区野方5-30-13 ヴィラアテネ2階F号
しいの木法律事務所 弁護士 八坂玄功
電話 03-5373-1808  FAX 03-5373-1809
Eメール info@siinoki-law.jp  http://www.siinoki-law.jp/

posted by siinoki at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律相談・労働相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60314028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック