2013年03月01日

贖罪寄付について教えてください(刑事事件)

質問
 現在、刑事事件の被告人という立場です。
 弁護人の弁護士さんから、贖罪寄付をしなさいと指示されています。
 効果はいかほどなのでしょうか。

答え
 被害者がいない犯罪や被害者が特定できない犯罪の場合、あるいは被害者が特定していても賠償金の受け取りを拒絶する意思が明確である場合などに、贖罪寄附をすることは意味があります。
 弁護人の指示に従った方が良いでしょう。

 寄附先としては、弁護士会(犯罪被害者の支援活動や公益活動に使われます)、日本司法支援センター(法テラス)、犯罪被害者支援団体、更生保護団体、福祉団体などが一般的です。

 また、被害者が賠償金の受け取りを拒否している場合には、損害賠償金を供託するという方法もあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〒165-0027 中野区野方5-30-13 ヴィラアテネ2階F号
しいの木法律事務所 弁護士 八坂玄功
電話 03-5373-1808  FAX 03-5373-1809
Eメール info@siinoki-law.jp  http://www.siinoki-law.jp/
posted by siinoki at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律相談・労働相談
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63039425
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック