2007年12月27日

中野区非常勤保育士解雇事件控訴審

中野区非常勤保育士解雇事件の2007年11月28日の控訴審判決が最高裁判所のホームページの裁判例データベースに掲載されています。

判事事項の要旨
地方公共団体が長期にわたり1年間の任用期間を繰り返して任用していた非常勤保育士の再任用を拒否したことにつき,任用が公法上の関係であり,裁判所が当事者双方の合理的意思解釈によってその内容を定めることができないこと等のため,解雇権濫用法理を類推して再任用を擬制する余地はないが,再任用の期待権を違法に侵害したとして慰謝料の支払いを命じた事例

判決全文

このブログの関連する記事↓
http://siinoki-law.sblo.jp/article/7946863.html
http://siinoki-law.sblo.jp/article/7298421.html
http://siinoki-law.sblo.jp/article/4736132.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8850034
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

『会社で働くということ』
Excerpt:  こんにちは。今日は、M氏の『会社で働くということ』(岩波ジュニア新書、1996年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。 「プロローグ」では、まず、職業には生活すること、その人らしさを発揮..
Weblog: 右近の日々是好日。
Tracked: 2007-12-29 22:42